一つの方向性を決めるのは経営理念であり、そしてこの経営理念に基づいて、戦略などを考えていき計画したことをまとめたものが経営計画書です。

経営計画書がないなんてありえません

会社を設立したのに、経営計画書を作成していないなんてことはありえません。

経営者の人は会社を持つ責任として、会社の経営を滞りなく、そして利益を上げられる会社である、そして、社会的にも認められる会社とするためにも、目標に向かっていくための経営計画書というものがとても重要となってきます。

経営計画書なんて頭の中に入っているという経営者もいるかもしれませんが、それは自分自身は把握しているだけで、社員にとってはその内容を知ることができません。

経営計画書というのは、経営者だけが把握していれば良いものではなく、社員がぶれることなく、目標に向かって同じ方向を向ける様に、自分の役割を知るためにも経営計画書を知る必要があります。

一つの方向性を決めるのは経営理念であり、そしてこの経営理念に基づいて、戦略などを考えていき計画したことをまとめたものが経営計画書です。

会社を良くしようと思っているのに、なかなか上手くいかずに儲からない、社員に声かけをしてもさっぱりやる気を感じられないという経営者も少なくありませんが、社会全体的に経営環境が厳しい状態であることは致し方ないことであり、この状況を打破することができるのが経営計画書になります。

経営計画書を作成していない会社、経営計画書を作成したにも関わらず、見直してない会社は、経営計画書のあり方を見直し、今後の会社がどうあるべきかという見通しを立て、新たな経営計画書を社員ともに、もしくは経営コンサルティング会社などに相談するなどして作成してみましょう。

参考サイト・・》》【経営計画書ROOM


Theme by Ali Han | Copyright 2015 経営計画書のここだけ情報 | Powered by WordPress