まるっと人気の結婚指輪情報

ハリウッド男優と女優のビッグカップルの隠れた人気の商品、ブラピのデザインした結婚指輪の裏話

結婚指輪の日常遣いアイディア

on 2016年2月8日

サイズ直しがしにくいエタニティの結婚指輪を買うとき、サイズは大き目を勧められることがあるようです。

というのも、女性はやはり妊娠すれば指がむくみやすくなるし、小さいエタニティを大きくサイズ変更しにくいことから、最初から心もち大き目にするように勧めるお店があるんですね。

しかし、結婚指輪は日常遣いをするものなので、家事や育児の時にブカブカするエタニティの結婚指輪は、やはり扱いが難しいと感じる人が少なくないようです。

たとえば赤ちゃんのおむつ替えに、お風呂に入れる時に、食事の支度でひき肉をこねる時に、やはり結婚指輪は一度外してしまうか、上からゴム手袋をつけるかといった選択になります。赤ちゃんのお世話にゴム手袋は使いにくいですよね。

人気のエタニティやハーフエタニティに限らず、大きめのダイヤがついたソリティアの結婚指輪も、石のダメージを考えると日常の生活のシーンでは使いにくさを感じる人も少なくないでしょう。

解決方法はシンプルに、家事や育児の現場では、結婚指輪をいったん外すということでしょう。

つけっぱなしにこだわらなければ、家事もはかどります。

結婚指輪をつけていないことが違和感というのであれば、いただいた高価な結婚指輪は箱に入れてしまっておいて、親戚などの集まりや、子どもの入学式などのイベントの時にキレイな状態で身につけるようにして、日頃は人気店のダミーなどを購入して身に付けて過ごすという方法があります。

本物の結婚指輪は一生大切にするものとして扱い、ダミーの方は安価で買い換えの効くものにするといいでしょう。


Comments are closed.